夢の海外ウェディング 

日本では海外ウェディングを夢見る女性は少なくありません。
海外のチャペルは非常にロマンチックで美しいものが多いからです。
チャペルの周りも、美しい海が広がっていたり、広大な草原が広がっていたりしてまるで絵葉書の中にいるような写真が撮れます。
食事一つとっても、ファッション雑誌に載っているようなおしゃれなメニューです。
日常生活とはかけ離れた、優雅なウェディングウイークを過ごすことができるのです。

しかし、海外旅行になれている人ばかりが海外ウェディングにするとは限りいません。
ハネムーンもかねて初めての海外旅行になる人も少なくないのです。
そんな時には、その親御さんも海外は初めてということが多いので、主催者側も自分のことでいっぱいいっぱいでとても参列者のお世話を焼く余裕がありません。
参列者は自分自身で渡航手続きなどに気を配らなければならないのです。

海外ウェディングに招待されたら、まずは自分のパスポートの残存日数を確認しましょう。
訪問国によって必要な残存日数が違います。
新たにパスポートを取得するなら、早くするに越したことはありません。
早々に手続きをしましょう。
日本で海外ウェディングといえばほとんどがリゾート地での挙式です。
ハワイやサイパンなどの熱帯性気候の地域になります。
日本よりはさらっとしているとは言うものの、暑い気候にはちがいありません。
食べ物や水も日本とは全く違います。
ご祝儀の方法、服装などのマナーも日本流ではなくその国の流儀になります。
主催者に失礼にならないように、主催者に恥をかかせないように十分な心配りが必用です。


▼外部リンク▼
リゾート地での海外ウェディングを特集しているサイトです ⇒ 海外リゾートウェディング

Copyright © 2014 海外ウェディングの参列マナー All Rights Reserved.